平日10:00〜19:00

043-216-5227

ブログ

BLOG
作業中の足場鳶職人

ようこそ足場鳶職人の世界へ

投稿日:

足場職人の仕事とは

 我々現代人の「住」を支えるだけでなく、ざまざまなインフラや施設を建設することで、現代文明社会を成り立たせる建設業。その建設業のなかでも、欠かすことのできない一環として、足場職人の仕事があります。鳶職人とも呼ばれています。「鳶に始まり、鳶に終わる」と言われるほど、建設現場で重要な役割を担っています。

 鳶職といっても、仕事をする現場の専門性によって「足場鳶」「鉄骨鳶」「重量鳶」などに分かれています。私たちADRENALINEが携わっているのは、鉄やパイプなどの足場部材を組み立てる足場鳶です。現場で作業される職人の方が安全に効率よく仕事ができるように、戸建て住宅からマンション、ビルなど高層の建設現場で足場を設置・解体するのが主な仕事で、足場鳶は鳶職の中でも特に需要の高い足場職人です。

 足場とは「足をかける所、特に、高い所での作業のために、丸太などを組んで作ったもの」を言います。枠組み足場、単管足場、くさび緊結式足場などの種類があります。そんな足場を組み立て、解体するのが足場職人の仕事で、体力はもちろんのこと、スキルやノウハウも求められます。

緑の茂みの後ろに静かに佇んでいる、足場に包まれた建物

足場の仕事のやりがいと魅力

 足場のやりがいはなんと言っても達成感です。仲間と協力しながら足場を組み上げた時は他のどの仕事にもない達成感があります。苦労して足場を手掛けた建物が街に立ち並んでいるところ見ると誇らしい気持ちにもなります。

プラントでの足場組みでは化学やガス、石油系といった日本のインフラを支えるプラント工場の配管や機械をメンテナンスするために足場を組みます。

目の前の1つ1つの作業が国を支えるための第一歩になるとても貴重な仕事であり大切な仕事です。

 また、鳶職にはモノづくりを通して仲間と共に時に失敗し怒られたり、褒められたりを繰り返し仕事としてはもちろん、人間として成長していける魅力があります。

 別の職種から転職される方や未経験の方でも、毎日の仕事を通じて必要な知識や技能も身につけられるため、安心して始めることができます。鳶職はやればやるだけ収入があがり、一生ものの技術が身に付く仕事です。特別な資格がなくても挑戦しやすく、広く門戸が開かれているところも魅力的なポイントでしょう。

大空に突き刺さる足場のパイプ

足場職人の将来性

 現在、建設業界は日本の人手不足ランキングで一位を占めている業界です。足場鳶の仕事も当然、需要はあるけど、人手不足が深刻になっています。業界にとっては喜ばしいことではないかもしれませんが、職人にとっては賃金の底上げや仕事のチャンスが保証され、自分の選択の余地ができ、かえって有利と言えるでしょう。

 しかも、この足場職人の需要は一時的なものではなく、これからもずっと続いていくと考えられます。なぜなら、現代建築において、新築建設だけではなく外壁塗装や修繕・リフォーム工事にと足場のニーズは建設業のニーズにほぼ比例しており、需要が途絶えることはほぼ無いと言って良いのではないでしょうか。

 また、建設業は人が生き続ける限り途絶えることのない業種で、国家予算を見ても半分近くを占めるほど国を挙げて投資がなされている現状において、足場業もそれに付随していくと考えて良いと思います。

 このことから、足場業界は成長性や将来性は確保されている業種と言えるでしょう。

青空をバックに見上げた輝かしい足場

足場職人に向いている人

体力がある人

 何十キロもある鉄でできた足場材を担いだり上に上げたりするのを毎日繰り返すような作業なので、力がないと務まりません。ましてや暑い夏場では、クーラーのない室外で作業するので汗が止まりません。そういったところから足場鳶の仕事はきついという一般的なイメージが定着したのでしょう。肉体労働なのできつい部分が確かにありますが、じっとしているのが苦手でいつも精力的に活動していたい方にはもってこいの職場と言えるでしょう。栄養のバランスやトレーニングを含めて、体づくりを心掛けながら正しく働いていけば、60代まで活躍している人がたくさんいます。

フットワークが軽い人

 フットワークが軽い人は、とび職に向いています。動き回ることの多い仕事だということもありますし、様々な現場を渡り歩くという意味においても、フットワークの軽さは武器となるでしょう。仕事柄、ある程度の体力や外で働くほうが好きという嗜好の持ち主であることが求められます。ですからデスクワークのように一箇所に留まって仕事をしたいタイプの人には、あまり向いていない職業ともいえるかもしれません。

高いところが好きな人

 高所作業が多いので、高いところが好きということは、とび職をするうえで、とても大切な資質です。あなたの周りでも高所恐怖症だという人はいませんか?高いところが苦手だという人は、意外と多いのです。ですから、あなたがもし高いところが好きなのだとしたら、それだけでも立派にとび職に向いているということができるのです。とはいえ油断は禁物。怖気づかないで仕事をこなすことも大事ですが、きちんと安全意識をもって仕事に取り組むことも大事なのです。

足場職人の凛とした後ろ姿

ようこそ足場鳶職人の世界へ

株式会社ADRENALINEは2020年5月創業の千葉県にある足場屋です。ADRENALINEはこんな会社です。

《仕事の安定性》

スーパーゼネコンから仕事を受けているため急に仕事がなくなった。。なんてことはございません。安定した仕事量と長期的なスケジュールを確保し安定性を確保しております。

《働きやすさ》

まだまだ若い会社のADRENALINEで働くチャレンジの道を選んでくれた「仲間」を大切に。一緒に大きな目標を持ち会社を伸ばしていく仲間に個別寮や手当等の福利厚生、給与を限界まで従業員に還元し、頑張りをしっかり評価し自社の強みを活かした全力のサポートを行っていきます。

足場職人になるのなら株式会社ADRENALINEはベストチョイスです!

ようこそ足場鳶職人の世界へ!ようこそ株式会社ADRENALINEへ!

求人・パートナーの
お問い合わせ、相談はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

043-216-5227

営業時間:平日10:00〜19:00

Facebook Twitter Instagram